山久
ホーム コラム 2009年05月01日:『紅白まんじゅう製造工程』

2009年05月01日:『紅白まんじゅう製造工程』

新緑の季節には、おめでたい行事が沢山あります。
「卒業式」「入学式」「入社」や企業の「竣工式」
「創業○○周年記念」等に紅白饅頭がよく使われます。

今回は、特大の紅白饅頭の特注が入りました。
通常の紅白饅頭より3倍程の大きさです。

お饅頭が出来るまでを紹介して下さい。
お饅頭好きの私でも、半分食べたらおなか一杯で~す!
(特大紅白饅頭)
(ミキシング) 【生地をミキシング】
 ①小麦粉・砂糖・山芋・膨張剤などを混合します。
  (紅色の饅頭ですから食用の着色料を入れます)
 ③水を加えて、生地を作り上げます。
 ④1分ほど混合し「耳たぶ」ほどの硬さでに仕上げます。
   - 写真左:ミキサーで混合 -
【中餡を準備】
 ①小倉餡を練り上げます。
 ②餡を計量して、餡玉を準備します。
 ③今回は、中餡だけで200gになります。
 ④白饅頭:小豆コシ餡 紅饅頭:小倉餡です。
   - 写真右:小倉餡 -
(中餡拡大)
(包餡拡大) 【包餡をする】
 ①生地を計量(100g)します。
 ②生地を丸く広げて、中餡を包み込みます。
 ③指で回しながら、少しづつ包み上げます。
   - 写真左:包餡 -
【包餡された饅頭】
 ①包餡した饅頭です。
  (饅頭の白い粉は、作業で使用する「手粉」です)
 ②左手前:80g 特注品:300gです。
 ③この時点でも、大きさの違いがわかります。
 ④蒸上がりの割れを防ぐ為に、卵白を表面に塗ります。
   - 写真右:包餡された饅頭 -
(紅白まん包餡拡大)

(蒸し上がり拡大) 【蒸し上げる】
 ①蒸器の中では、100℃で蒸し上げます。
 ②約25分位蒸気を掛けます。
 ③通常一枚のネットで、20個ほど蒸します。
 ④今回は、一枚のネットで8個です。
   - 写真左:蒸器の中 -
【蒸し上がったお饅頭】
 ①蒸し上がったお饅頭です。
 ②画像をクリックして、大きさを比較して下さい。
 ③粗熱(冷やす)を取ります。
 ④紅白のお饅頭を箱に入れて完成です。
   - 写真右:大きさの比較 -
(大きさ比較拡大)
<調 査 : 生菓子部門>