山久
ホーム コラム 2013年06月01日:『ワッフル製造』

2013年06月01日:『ワッフル製造』

例年より11日早く、今年は梅雨が始まりました。

今回は、山久で人気の高い製品・ワッフルの製造をご紹介!
ふんわり焼き上げた生地に、あんず・いちご・ブルーベリー・
メープル等のジャム、小豆とクリームの「クリーム小豆」を
サンドしてます。 (クリーム小豆は季節限定商品です)

今日のおやつは、もちろん紅茶にワッフルで~す!
― 写真 : 和風留(ワッフル) ―
(ワッフル)
【和風留について】
山久のワッフルは、「和風留」の漢字としております。
和菓子屋が造ったワッフルなので、『和風を留める』から命名しました。
一番人気の『ブルーベリー』を始めとして、新製品の「メープル」・「あんず」・「いちご」の ジャム製品、季節限定(10月~4月)の「クリーム小豆」、店舗限定で冷凍販売している 「カスタード」等があります。
(拡大します) 【生地造り】

卵・植物油脂・牛乳・砂糖・小麦などを計量します。
計量された「卵黄」「全卵」をミキシングします。
第一段階の重要な作業です。

   - 写真左 : 卵の攪拌 -
【ミキシング】
よく攪拌された卵に、植物油脂・砂糖・牛乳を混合し、 最後に小麦粉を投入して、ダマが出来ない様に攪拌します。
生地の比重(重さ)を量る重要な作業です。
比重:焼成後の生地の「ふわふわ感」にとって重要

 - 写真右 : 小麦を入れて混合 -
(拡大します)
(拡大します) 【生地の充填】

ミキシングされた生地をホッパーに投入する。
型に定量の生地が充填されます。

 - 写真左 : 生地充填 -
【生地の焼成】

充填された生地を焼成します。
7分程度やさしく焼成します。

 - 写真右 : 型で焼成 -
(拡大します)
(拡大します) 【中餡(ジャム)の充填】

焼成された生地の「荒熱」をとる。
中餡を定量に充填、もう一枚の生地を合せる。
ソフトなお菓子に出来上がり。
今回は、「あんずジャム」を充填してます。
 - 写真左 : 中餡の充填 -
【角折包装】

生地の乾燥を防ぐ為と衛生面を考え包装します。
角折包装:透明フィルムでお菓子を包装します。

 - 写真右 : 角折包装 (一次放送) -
(拡大します)
(拡大します) 【ピロ包装】

脱酸素剤(エージレス)を投入して最終包装をします。
特殊な包装紙で、2週間美味しく召し上がれます。

 - 写真左 : ピロ包装(二次包装) -
【和風留各種】
包装された商品が、綺麗に並べられました。
カラフルな色合いの包装で、人気の商品です。
夏場は、冷蔵庫で冷やされますと清涼感の有る
お菓子としてお召上がり頂けます。

 - 写真右 : 和風留各種 -
(拡大します)

本工場では、蒸菓子(パフケーキ)どら焼・和風留(ワッフル)
生菓子類を製造、あんみつ組立をしています

 
<調 査:本社 営業部門 >